相続の法律

 

相続の法律について

相続に関する法律は民法の分類に入ります。

 

民法とは、私たち日本国で生活する市民の毎日の生活関係にルールを持たせるための法律です。

 

相続に関する項目も民法に記載されています。

 

 

相続法について

 

相続法とは、死者が保有する財産における法律関係を規律する法律です。

 

人間が死亡した場合、その人が残した財産をどうするかを決めなければなりません。

 

相続税法では、その手続きに関するルールや財産継承のルールなどが細かく決められています。

 

普通、財産のある被相続人が死亡した場合、その遺産をめぐる話し合いが遺族を集めて行われます。

 

そのときに大事になるのが、「遺言状」なんですね。

 

 

遺言状について

 

相続で一番問題になりやすいのが、兄弟間での遺産相続争いです。

 

当事者が死んでしまったときに、兄弟での財産分与の話し合いはもめることが多いと聞きます。

 

こういった問題を解決する方法が、遺言状の役割なのです。

 

 

遺言状は絶対?

 

相続では、遺言状にかかれた内容は法的な効力を持ちます。

 

相続人は遺言状にかかれた内容にそって財産分与をしなければなりません。

 

但し、遺言状には遺留分権が認められる場合もあり、被相続人の兄弟姉妹以外の、例えば内縁の妻などに当てられる場合があります。

 

 

【参考】
ご相談から手続き完了まで、一つの窓口でお客様の相続手続きをサポートいたします。
⇒大阪での遺言・相続の手続きやご相談はこちら

 

link

メイクやヘアカラー選びにも大活躍のパーソナルカラー診断はいかがですか?
色彩検定全国1位のカラースペシャリストがあなたの魅力を最大に引き立てる色を診断します。
パーソナルカラー診断のサロンドクルール芦屋サイトへ

 

 

関連記事

カテゴリ

最新記事

 
Copyright  cards-direct.biz  All Rights Reserved